株式会社東洋環境分析センター

NEWS&TOPICS
月刊東洋
会社案内
環境調査
水質検査
食品検査
営業所一覧
リンク
お問い合わせ

当社CMはこちらからご覧いただけます東洋道中暇ブログ

水道法第20条に基づく水質検査 水道法第20条に基づく水質検査
計量証明事業 計量証明事業

作業環境測定 作業環境測定

建築物飲料水水質検査 建築物飲料水水質検査

建築物空気環境測定 建築物空気環境測定

土壌汚染対策法に基づく土壌調査 土壌汚染対策法に基づく土壌調査
食品衛生法に基づく食品検査 食品衛生法に基づく食品検査

温泉法に基づく温泉成分分析 温泉法に基づく温泉成分分析

nu
基準値一覧表
PDF資料一覧 ここからダウンロードして下さい。
株式会社 東洋環境分析センターウェブサイトご利用について
アスベスト調査・分析

建材中の石綿含有率の分析から、室内環境及び大気環境中の石綿粉じん濃度測定まで正確・迅速に行います。

◇吹付材中のアスベスト含有試験
◇建材中のアスベスト定性分析・定量分析
◇空気中のアスベスト浮遊濃度測定
◇解体作業時におけるアスベスト測定

【位相差分散顕微鏡】
位相差分散顕微鏡

個々のアスベストが特異的に持つ分散特性(光の波長による屈折率の違い)を利用し、鮮明なアスベストの分散染色観察(定性検査)が可能です。
【X線回折装置】
採取試料と石綿標準試料のX線回折バターンを比較して定性検査を行い、また回折X線強度により定量検査を行います。
位相差分散顕微鏡   位相差分散顕微鏡
【前処理室】
アスベストを粉砕・ぎ酸処理を行って、分析用の試料を作成調製します。

前処理室
  【アスベスト前処理用フード】
粉砕処理を行う際、アスベストの飛散を防止し、分析者の健康及び環境への配慮を行っております。
アスベスト前処理用フード

【基準値一覧】
環境大気
(敷地境界線)
10本/L 石綿に係る特定粉じん発生施設を設置する工場等において、敷地の境界線における大気中の石綿濃度の許容限度は、1L につき10本と規定されています。
作業環境 0.15f/cm3 石綿を製造または取り扱う屋内作業場において、石綿の作業環境の管理濃度は、0.15f/cm3と規定されています。
石綿含有建材の
石綿含有率
0.1%を超えて含有しないこと 分散染色法とX線回折法を用いて、吹付け材等に石綿が0.1%を超えて含有しているか否かの判定を行います。
石綿含有率が0.1%を超える吹付け材の除去もしくは建築物の解体を行う場合は、届出や飛散防止対策等の規制対象になることがあります。

 

トップページへ